天竜材の家 ~地元で育った木で造った家に住む。素材を生かし、強く、優しい家づくりを~

天竜材は精度が高く、質が良いのももちろんですが、それだけではありません。
木は切った後、柱や梁となった後も生き続け呼吸しています。木の育った気候と同じ気候の
中で材として使うことは、家づくりにとって非常に良いことです。

天竜杉・・・浜松市は森林率68%を誇り、天竜は吉野、尾鷲と並ぶ日本三大人工美林のひとつです。

私達は天竜の檜と杉を使ったハイブリッド集成材の開発に取り組んでいます。

この集成材は均一の含水量でソリ難く、曲がりにくいだけでなく「何トンまで耐えられるか?」という科学的に強さの証明ができる材なのです。これは私達が家を建てる際に必ず行っている構造計算において大変重要なことです。
浜松の材で強度の証明が出る住まいは、お施主様にとって資産価値の高い住まいになります。

良い材料をつくることで流通を増やし、地域の活性化を考え、関係業者様と共に地域材活用と「浜松の森を守るプロジェクト」に挑戦しております。
地元の材を地元で使おうという地産地消、循環型の流通を築くという事が安定した供給には大変重要です。
地元材の魅力を知って頂き、活用のお手伝いをすることで皆が幸せになれる。そんなことを私達は考えています。

「浜松の森を守ろう!プロジェクト」健康的な森を育てるためにも適正に間伐行う必要があります。

うっそうと茂った森は陽の光が当たらず、下草が生えないので養分にならず、土が痩せてしまいます。
土が痩せてしまうと細い木しか育ちません。健康的な森を育てるためにも適正に間伐を行う必要があります。

しかし今、天竜の林業は材料価格・需要の低下により低迷し、高齢化・後継者不足が深刻な問題です。
人手不足によって森に手が入らず、荒れてしまっているところもあります。 私達の地元にある素晴らしい浜松の自然の材をもっと知って頂き、活用することで施主様に喜んでいただくのはもちろんですが、地域の活性化につながればと考えています。

現在全国には多数の50年生の森が広がっています。
50年生の森では柱用材が効率的に取れるので大量生産が可能です。
しかし、需要量よりも、山の成長の方が上回っているのが現状です。
山の高齢化とも言える状況が進行しており、まもなく全国の山に訪れる問題です。

天竜の森は戦後いち早く開発された70年生の森です。

「天竜材 まるさらの家」の家づくりでは70年生の天竜材を適材適所で有効活用して70年生の森を活かす家づくりを実践しています。


環境に優しい木材の循環

「せっかく育った木を切ってしまっていいの?」正しい伐採が環境に優しい木材の循環利用を生み出します

木材が二酸化炭素を吸収する量は林齢によって大きく変化します。
人と同じで若くて成長期の10代~30代までが一番二酸化炭素を吸収しその後ゆるやかに吸収の度合いが落ちていきます。
二酸化炭素吸収量が落ちてきた材を(住宅材として適している50年頃の木を建材)利用し、新たに植林を行うことで森林を循環させていくことができます。


また、木材は炭素を保有したまま住宅用建材と使用されるので、二酸化炭素を放出するわけではありません。
木造住宅は6tもの炭素を蓄えたまま建材として使用されるのです。街は第2の森といわれる所以です。

新たに植林した木が育ち、子供・孫の世代に材木として利用される未来への贈り物

私達は天竜材を使った住宅を1棟建てる毎に23本の植林活動を行っています。

この植林ツアーに、ご参加いただいた方はご存知だと思いますが、浜松の森には天然記念動物の日本カモシカをはじめ数多の野生動物が生息し豊かな自然が残っています。
天竜の森の中にいると「森を守り」「森を育てること」は、豊かな自然と私達の住む「郷里を守ること」と同じことだという想いを感じていただけると思います。私達の子供の世代や孫の世代まで未来を見据え、今我々が出来る事を1つずつ行っていくことが非常に大事な事です。

※23本は人間が一年間で吐き出す二酸化炭素を吸収してくれるだけの木の数です。

2010.4.4 天竜での植林の様子。大自然の圧倒的な迫力に感動。

 

経済産業省関東経済産業局“地域産業資源活用事業計画”認定

地域産業資源活用事業計画は、都道府県が地域産業資源活用事業の促進に関する基本的な構想(基本構想)に おいて指定を行った地域産業資源(農林水産物、鉱工業品、観光資源)を活用して、中小企業等が新商品・新サービスの開発や需要の開拓を図る事業に関する計画です。
当社の地域産業資源活用事業計画、「天竜材(杉・桧)を用いた構造集成材の開発と総集成材の住宅の販売」が経済産業省関東経済産業局から認定を受けました。

森林環境保全と市民の健康的な住環境を守るため、一定の条件の住宅を新築・増築される場合、
浜松市から「天竜材の家百年住居る事業費補助金」が交付されます。

天竜材の家百年住居る事業費補助金 経済産業省関東経済産業局“地域産業資源活用事業計画”認定

「しあわせ たしざん…」お施主様はもちろん、地域社会の皆様に喜んで頂け、尚且つ地球環境にも貢献できる。「地産地消+地球環境」両面からの活動は、私達が考える「しあわせたしざん」のもう1つの形です。

進行中!! 浜松の森を守るプロジェクト
RSS表示パーツ

浜松市 天竜材の家|天竜杉と檜の天竜材で家を建てる 浜松 幸和ハウジング

Copyright © 2009-2015 Kowa Housing Corporation. All Rights Reserved.